ユタカの園長日記⑳

こんにちは。

夏の高校野球真っ盛り! 25年前の自分と照らし合わせて、仕事中に勝手にウルっとしてた 水島 です。


  スタンドはびっしり! 盛り上がった1週間でした!
 01mizushima7-1.jpg

  今年も感動をありがとう!
 01mizushima7-2.jpg

期待された私の母校は、4回戦で負けてしまい、非常に残念でした・・・
落ち込んだので、八木ヶ鼻でキャンプしてきました。

  景色最高!
 01mizushima7-3.jpg

  ん?
 01mizushima7-4.jpg

せっかくキャンプ行ったのに・・・


  ハッピーセット最高!
 01mizushima7-5.jpg

最後はこれで・・・
 01mizushima7-6.gif
プロ野球の過去の「送りバント名人」をクイズ形式で紹介していくこのコーナー。
並んでいるキーワードを見て、誰なのか考えてみてください。
  
第3回はこの選手です。  難易度 29mizushima5-4.gif 29mizushima5-4.gif  (最大レベル5)
 01mizushima7-7.gif
                  
わかった方は、水島までご連絡ください。
正解者には、「ユタカポイント(YP)」差し上げます! 今回は、20YPです。

前回の答えは、「川相 昌弘 選手」でした~!  
 01mizushima7-8.jpg

では、また👋 

mizushima mizushima.jpg

夏到来!

こんにちは、西海岸公園市営プールの酒井です。

昨年の夏とは違い、涼しい日が続いていますが、いかがお過ごしでしょうか。

相棒は、友達といっしょに、旅に行ってきました。
行先は東京の豊洲にある職業体験ができる施設です。
 01sakai7-1.jpg

そこでは、警備員、ピザ屋さんなど計6つの職業を体験してきました。
相当楽しかったらしく、留守番だった私に興奮気味に話しをしてくれました。
そして「また行く」と宣言していました。

そんな中、西海岸公園市営プールは、「屋外プール」と「東公園児童プール」がオープンし好評開館中です。

 01sakai7-2.jpg

グッドなコンディションでお待ちしております。

次の旅で会いましょう!

sakai sakai.jpg

新潟市陸上競技場館長の黒鳥です。Part71

 新潟市陸上競技場及び新潟市体育館館長の黒鳥博から71回目のブログ更新です。
 今回のテーマは「2019リレーフルマラソンin新潟市陸上競技場と2年ぶりのツバメ誕生」です。
 平成24年から開催したこのイベントも毎年多くの皆様にご参加いただき今年で8回目となります。
 01kurotori7-1.jpg

  今年も「♪思い入れのある曲を聴きながらマラソンを走り切りましょう♪」をテーマに、各チームからリクエスト曲を募集します。「チーム賞」(1~6位)のほか「大会を盛り上げたチーム賞」など各賞も用意して皆様のご参加をスタッフ一同心よりお待ちしています。詳しくはHPをご覧ください。
 続いては、陸上競技場トレーニング室前ダッグアウトに、ツバメが2年振りに巣を作ってくれました。
 01kurotori7-2.jpg

 暫くは親鳥しか見かけませんでしたが、可愛い鳴き声が聞こえてきました。
 01kurotori7-3.jpg

 トレーニング室から巣がよく見えるため、お客様もツバメの成長を楽しみにされているようです。餌を貰う時などは我先にと大きな口を開けています。
 01kurotori7-4.jpg

 巣立ってしまうのが惜しい気もしますが、皆無事に育って欲しいと思います。
 プライベートでは初夏を感じようということで、東洋のナイアラガ「吹割の滝」に行ってきました。
 01kurotori7-5.jpg

 滝と言えば見上げるものが多いですが、ここ吹割の滝は珍しい見下ろす滝だそうです。一帯は山側ルートと川側ルートの遊歩道になっており、両方を歩くと1時間くらいで1周できました。
 01kurotori7-6.jpg

 遊歩道はマイナスイオン満載で癒されました。
 01kurotori7-7.jpg

 途中吊り橋もあり、楽しく歩きながら絶景を楽しむことができました。
 01kurotori7-8.jpg

 これで71回目のブログ更新は終了です。今回もご覧頂きありがとうございました。Part72をお楽しみに!

kurotori kurotori

シュンジな休日 67

こんにちは。

鳥屋野総合体育館の川﨑です。
7月に入りエアコンを使う日も次第に増え、本格的に夏の到来といったところですね。
今年の夏も暑くなりそうです。
数年前から実家に甥っ子2人と兄と4人揃うと麻雀をするようになりました。
その甥っ子の一人が今年卒業で新潟に帰ってきたため、4人揃うと言うより面子として呼ばれるようになっています。
そんな事で、実家に全自動麻雀卓を調達しました。
簡単ですがちょいと組み立てが必要です。

 01kawasaki7-1.jpg

麻雀パイの大きさは、最も標準的なサイズ縦26×横20×厚み16(単位mm)より少し大きいデカパイにしてみました。
すごく見やすいですが、奇麗に並べて立てるのが少し難しいです。

 01kawasaki7-2.jpg

当然ですが、二色あります。
片方を使用している間にもう片方は機械の中でシャッフルされ次の山の準備台にセットされます。
ということで、2色セットしチェックもOKです。

 01kawasaki7-3.jpg

スッゴイ快適です。
中国製で点棒の自動計算はありませんが、最高です。
ところで、麻雀のルールを知らない方もいると思いますので、少し説明します。
基本的に「だれが一番に「完成の形」にもって行けるのか?」ってスピードを競うゲームとも言えます。
積まれた山から各自13枚を配牌し、その後は親から順番に1枚引いて1枚捨てるを、繰り返し、自分で引くか他者が捨てた牌の14枚で完成形に成った時が「あがり」です。
「あがる」ためには、必ず「=予め決められた組み合わせ又は状態」が必要です。
「役」は組み合わせ出来てどんどん大きくなります。
麻雀の点数は、「符」と「翻」という2つの要素を見て計算します。
符(フ)  ・・・ 待ちの種類や面子の形によって与えられる。
翻(ハン) ・・・ 役の種類やドラの枚数によって与えられる
符計算に必要な要素はこの5つ
1) 基本符20符 2)アガり方 3)面子の種類 4)雀頭 5)待ち形の種類
1)から5)で符が確定したら次のことを行います。
30符4翻(役が4つ分)の場合
30符×4翻=30符×2の6乗(常に翻+2)=30符×2×2×2×2×2×2=1920点
1920点の4倍(常に4倍)=7680=7700(10点の点数棒がないので切り上げ)
7700点が子の点数となる。
親の場合は1.5倍で11550を繰り上げて11600点となります。
まあ覚えることがかなり多くあります。
皆さんも体験してみてください。
お疲れ様でした。
次回をおたのしみに。

kawasaki kawasaki

my favorite(無作為)⑤

新潟市庭球場の星野です。

わたしにとってのお気に入り画像を紹介します。ご覧ください。

レルヒさんとわたし1
 01hoshino7-1.jpg

レルヒさんとわたし2
 01hoshino7-2.jpg

レルヒさんとササダンゴンさんとわたし
 01hoshino7-3.jpg

ばんにゃいさん
 01hoshino7-4.jpg

喜怒哀楽蓋
 01hoshino7-5.jpg


※わたしは散策が好きです。喜怒哀楽蓋以外は偶然撮ることができました。エネルギーと時間があるときにまた散策したいと思います。


終わります。

hoshino hoshino
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク