散歩というにはあまりにも…

コスポの西山です。
今回は普通の歩く散歩、冬季の運動量を稼ぐため足掻く中年男の日記です。

去年の暮ぐらいから小学高学年の娘と私、二人でスニーカーを履いて外出するように。
きっかけは駅南のドンキホ〇テまで徒歩で買い物に行ったことでした。
※これは私が娘を付き合わせた…道連れですね。ドンキは娘の趣味です。
自宅からは3㎞の距離で8,000歩で往復しました。
ここから散歩以上遠足未満の年齢差40歳デートが始まります。

その後も互いの休みが合えばスニーカー履きでリュックを背負い出かけます。
…どちらかと言えば彼女からの誘いが強いでしょうか?
ある日は、旧二葉中学校区端に位置する自宅を出発し近くの“さわ山”に立ち寄り古町の最も“しも”から白山神社を通過し、越後線沿いを通り千歳大橋を渡ってデッキー4〇1へ。2階のたい焼きをほおばりつつ笹出線を駅方向に向かい(途中甘くなった口を中和すべくファミチキを摂取)最後はメディアシップの最上階から夕暮れの市街を眺め、さわ山の大福で歩き疲れた体を癒す…まぁまた甘くしたのですが。18,000歩・12.7km

 20nishiyama2-1.jpg

またある日は小雨の中、本町の駄菓子屋をひやかし定番となった白山神社を折り返す。途中、西堀ローサ(懐い!高校生以来か?)や巨大弘法大師で娘を驚かしたり…古町をぐるぐる14,000歩・9.7km
またある週末にはメディアシップより高いところの景色が見たいとの娘の要求に朱鷺メッセへ。その後は何となく100均巡りで紫鳥線まで探し回り16,500歩・11.6km

いつまで続くか判りませんが、彼女の気が変わるまで楽しませていただきます。
運動量も稼げることですしね。
どうか娘が(いつまでも)気付きませんように…

終わり。

nishiyama nishiyama

チャリ散歩②

コスポの西山です。
前回同様、冬季の運動不足解消のためチャリに乗る中年の拙い書き物です。

自宅ガレージでの三本ローラーは精神的※注①にも肉体的※注②にも1時間が限度なので
気温が低くても晴れていれば努めて外に出かけます。

 19nishiyama12-1.jpg
良く使うルートの一つに中ノ口川遡上があります。
いつもの通り土手に向かっているところ、面白い水路…
というか水路沿いのコースを見つけてしまいました。
白根地区ということはわかるのですが、初めての景色に思わずシャッターを。
(後で調べたら“鷲ノ木大通り川”という農業用水路?でした。)

 19nishiyama12-2.jpg
少し前に撮っていた建造物。これは西川沿いに建っていました。
歴史を感じますね。感じるだけで興味は特に湧きませんが…
撮影場所は西川の連絡通路だと思うのですが、舗装されているのは良いけれど
幅員2m、両側はガードレールなど無く落ちたらこの趣味から撤退するくらいの高さで
走行中はお尻がムズムズします。

もうすぐ51歳となりますが、まだまだ地元の新しい風景に会えるなんて…
次の楽しみが見つかるのもチャリ散歩の良さですね。

おわり。
※注① 精神的→ネズミの回し車の如く一定場所で運動するのは苦痛です。
※注② 肉体的→サドルと触れる股間部分が長時間の圧迫により痺れる。

nishiyama nishiyama

久しぶりのチャリ散歩です。

コスポの西山です。
台風の影響により通勤路であるR402の路側は冬を前に砂のデコレートがなされ
通勤時間帯でのチャリ走は避けなければならない状況が続いております。
歩くことも飽きてきていたので乗りたいところなのですが…

遅すぎる夏休みが偶然にも秋晴れだったので普段行けない場所へ遠乗りすることに。
 01nishiyama11-1.jpg
ござれや阿賀橋より河口付近を撮影。
大雨の影響で河川公園も被害を被りました。

 01nishiyama11-2.jpg
泰平橋の側歩道橋にて撮影。久しぶりに通りました。

 01nishiyama11-3.jpg
大阿賀橋から河川敷を降りて帰路へ。

 01nishiyama11-4.jpg
栗ノ木バイパスにて。
JR高架橋工事により暴露された昭和作りの構造内部でしょうか…非常に萌えます。
通ったことのない道を見つけては行ったり来たりして40kmのライド。
翌日もライド日和となり西区方面へ西川沿いを走りました。
道に迷ったりうろうろしてたら50kmほどに。
チャリじゃなければ知り得なかった道や風景を見つけることができて満足です。
やはりチャリ散歩は楽しいですね。

おわり。

nishiyama nishiyama

朝、歩いています。

コスポの西山です。
日中はまだまだ暑いですが朝晩は涼しくなり過ごしやすくなりました。

運動は涼しい時に限ります。

さて、最近目覚まし時計に起こされていないことに気が付きました。
年齢によるものなのか判りませんが朝早くに目が覚めてしまいます。
その日が休日だったりすると得した気分になります。
もったいないので早速ウォーキングに出かけたりします。

 01nishiyama9-1.jpg
東の空が明るくなってますが、日の出前です。
ギリギリで周囲が視認できています。障害物などは避けることができます。
アイシールド(サングラス等)無しで歩けるのは気持ちがいいですね。

 01nishiyama9-2.jpg
折り返してパチリ。
もう太陽が出ておりました。
そういえばこの時間歩いていると良く同僚に見つけられます、彼はランニングですが。
…この日は私の方が先に見つけたような?

おわり。

nishiyama nishiyama

真夏の恐怖、再び

コスポの西山です。
このところ、休日の日課としてウォーキングなどしております。
去年まではロードバイクで周辺を徘徊することが生きがいでありました。
大河津分水やら月岡やら、命がけで帰宅したことも。

あきました。

で、初心に戻り若い時に散々ジョギングした信濃川左岸を歩くことにしたのです。
時間にして1.5時間くらい、全力で歩きます。
健康教室で指導しているような立場ですから、胸張って大きく手を振って歩きます。
視線を落とすことなく背筋を伸ばしてスマホ片手に最後まで全力歩き。
…誰に見られるかわかりませんからテキトーなことはできません。

先日、梅雨明け直後の夏日のことです。
普段は通学時間を避けて早朝など影の長い時間を選ぶのですが
この日は朝から予定があり、11時ころスタートしたのです。
いつも通り県庁に程近い橋でUターンし、あと一息といったところで突然脚に違和感が。
イヤーンな予感は的中しすぐに脹脛が攣り始めます。
ロードバイクで遠出の帰り道に両脚を攣った経験を持つ私にはすぐに解りました。
熱中症、および脱水状態…の前兆。

河川敷の水道でタイミングを逃した給水(もう絶対に間に合わないヤツ)を行い
スマホから供給されている130bpmの音楽をラジコに変えペースをダウン。
20分ほど耐え、帰宅後は水のシャワーを浴びて対処し今回は重症を逃れました。

ホント、怖いです。
皆さんも熱中症(と脱水)に気を付けて下さい。

おわり。

nishiyama nishiyama
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク