雪がすごくて…

コスポの西山です。
今日も朝からずーっと降っています。
アスファルトともしばらく会えないことでしょう。
こんな時はインドアで遊びます。
ロードバイクもローラーを使えば雪を踏んで落車…なんて心配もありません。
 30nishiyama2-1.jpg

ただ、この三本ローラーは慣れるまで転倒の危険があります。
私は3回の大転倒を経て現在に至ります。パンクも一回ありましたね、あれは焦ります。
他にインドアといえば、そうフィギュアのカスタムですね!もう定番ですっ!
イメージの変化が手軽に楽しめる“リペイント(再塗装)”が個人的に好きです。
プラモデルの組立ても嫌いではありませんが、
ガンダム系…いわゆるガンプラは同じ作業を繰り返す(両足とか両腕とか)工程が多いため
疲れてしまいます。なので出来合いのフィギュアに塗りたくって遊ぶ方が好きです。
とはいえ承認欲求を満たしてくれるSNS投稿には差別化のため一工夫しないと。
私はマスキングテープを使った塗り分けに個性を見出そうかと企んでいます。
“いいね”やRTをもらうための一例を紹介します。※注)簡単にはもらえません。

 30nishiyama2-2.jpg
ガラス製のカッティングマットにマスキングテープを貼ります。

 30nishiyama2-3.jpg
スケールを使ってデザインナイフで切り出します。貼り付けまでナイフの刃先を使います。

 30nishiyama2-4.jpg
皆様が良くご存知のケンプファー:左肩にイエローラインを残すための作業です。

 30nishiyama2-5.jpg
ちなみにシャアザクのビフォーアフター…0.75㎜イエローラインが美しい。
実はこのザク、某Webマガジンのコンテストで入賞しちゃいました。てへっ。
興味のある方のみ直リン踏んで下さい。http://hobby.dengeki.com/news/517393/
作品コメントが相当痛いので恥ずかしいですが、入賞したらブログネタにするつもりでしたので晒します。(※そのためハンドルネームもほぼ実名にしてあります。)

タイトル関係なくなっちゃってますね!
おわり。

nishiyama nishiyama

完徹か?

 29nishiyama12-1.jpg
西総合スポーツセンターの西山です。
先ほどまで12/19(火)でした。
深夜にブログ更新のためPCモニターと向かい合っています。
って普通ですね、けどまだ職場なんです。夜間工事を見届けるためやむなく。

 29nishiyama12-2.jpg
目下の興味は

…いつ帰宅できるのか?

夜中に一人で(厳密には体育室に業者様が作業していますが)
職場に居りますと妙な興奮状態になりますよね。
弾けた文章にならぬよう、この辺で切り上げるのが得策か…

あっ、49歳の誕生日を職場で迎えました。
いえ、別に祝って欲しくてじゃなく
300字以内で終了することへの言い訳になったらと。

私のブログ更新、今年最後となりました。
ありがとうございました。

おわり。

nishiyama nishiyama

前立腺保護のため?

西総合スポーツセンターの西山です。
相次ぐ秋台風の影響でR402の路肩が砂漠化。
推進力には内燃機関のみという世間では前時代的と言われるような4輪車で
快適な通勤を余儀なくされており非常に困っています。

ところでロードバイクを趣味とする男性ライダーの方、○○○痺れません?
ロングライド時にはパッド入りのレーパンを着用するようになって
お尻の痛みから解放されていたのですが…ふと気づくとアレの感覚が無いんですよ。
指先にはいつもと変わらない形状を“触っている”感触はあります。
しかし、“触られている”感覚が希薄なんです…一大事ですよね?!
※この時点で既視感を強く感じます。前にも書いたっけ?
 締切が明日なのでアーカイブを確認することなく、このまま走り切ります。

という訳で早速“よさげ?”なサドルシートを買ってもらいました。
センターに穴が開いてますね?
 29nishiyama11-1.jpg

今まで使っていた納車時に付いてたシート。悪くはないです。デザインが良い!
 29nishiyama11-2.jpg
横からみるとクッションも無くペラペラですね。外しちゃいます。

 29nishiyama11-3.jpg
比べると厚さが違います。期待できそうです。幅がチョイ太いか?そして異形です。

 29nishiyama11-4.jpg
装着しました。この後すぐに1時間ほど三本ローラーでテスト走行。
レーパン無しで挑みました。
この時の感想としては“ビミョー”な感じでした。
着座位置が固定されて窮屈感はありますが、それも悪くないです。
その後もレーパン無しでローラー中心に座っていますが
違和感も薄れ“痺れ”も無いようです。
これで国道を走行中も“痺れ”確認のため股間をイチイチ触る行為から解放されます。
※実際はそんなに触っていませんし、痺れを楽しんでた訳でもありません。
おわり。(前立腺には一切触れていませんでした、ごめんなさい。)

nishiyama nishiyama

まぁ、オタクなのでこのくらいは…

西総合スポーツセンターの西山です。
“ブログでやってろ!”っと言われるような内容を今回もご用意いたしました。
検索エンジン無しではほとんど理解不可能なテキストを読む覚悟はありますか?
まずは角田山頂上での比較写真から。
 29nishiyama10-1.jpg
左が先月の※サイコン。(※サイクルコンピュータ)
右が今月のサイコンショット。見事に同じようなタイム。狙っている余裕は無いので…
今日から読み始めた方など突き放した書き出しですね。説明も無く勢いがあります。

この日は帰宅してから長年の趣味である模型作成作業に没頭しました。
模型-と言ってもガチャポン(私が幼少のころはガチャガチャって…)
作成作業-と言いつつ主に塗装(色替え)作業です。
メジャーメイカー製のコマーシャルプロダクトにセルフオーダーメイドを仕掛け、
オートクチュール…高級にはなりませんが…まで昇華させようとする無謀な試み。
今回は特別に“さわり”だけご紹介いたしましょう。特別ですよぉ!
ガチャポンフィギュアはPVC(可塑性ゴム)で形成されてますので“エナメル”で塗装をすると乾くまで100年掛かります。“ラッカー”でもノリが悪いため“ソフビ用”の塗料か溶剤を用い塗装します。筆塗ならラッカーでも行けるか?
私はロボット専用(…まぁガンダムです)モデラー?なので平面を均一に塗装することが多く、スプレー塗装が定石手法となります。私は“エアブラシ”を使います。
マスキング作業の様子。テープを貼った後にデザインカッターで切り出します。
 29nishiyama10-2.jpg

 29nishiyama10-4.jpg
ピント調整力の落ちた48年物にはキツイ作業なのでヘッドルーペはマスト。
塗装に必要な道具は専用品を用意したり百均アイテムを改造して作成します。

29nishiyama10-4.jpg
竹串もマスト。マスキングテープを隅まで貼り込んだり頭を掻いたり。
虫ピンを固定してクリップで掴めないような細かいパーツを突き刺して持ちます。
塗装後は同じく百均で入手した“爪とぎ”に持ち手ごと刺して乾燥させます。
バックに写っているのは1㎜から6㎜のサークルマスクテープ。市販品。

29nishiyama10-5.jpg
塗装終了なのでさらします。“モビルスーツアンサンブル”っていう製品で
左が無垢、右側が自家塗装モノ。良くも悪くも印象がガラリと変わります。
500円硬貨はスケール比較用。この後、工程を2つ3つ経て完了します。
ミニマムな楽しみでしょう?アラフィフでもオタク趣味を十分に満喫しています。
楽しいのかって? 
そりゃあ、オセアニアの金色海岸でほろ酔い気分の方がイイに決まってます。
 
おわり。

nishiyama nishiyama

平日の休み、何してます?

西総合スポーツセンターの西山です。
家族持ちのパパなら週末行動はだいたい想像できます。
平日の休みは皆さん何しているんだろう?
“どうせ、アンタはチャリでしょう?”
と思ったあなた。正解です。

朝、7:30に給水ボトルと小銭とスマホを持って出発。
他のライダーさんも運よく見かけずマイペースで402をダラダラと流します。
よく言えばLSD-ロング・スロー・ディスタンスって自分に言い聞かせてます。
ターンアラウンドまで…でUターンするつもりがなぜか角田山へ向かってしまいました。
まぁお休みなんで。予定もぜんっぜんありませんし。
 29nishiyama8-1.jpg
舗装路の頂上付近。帰路は抜け殻のようになってしまいます。
 29nishiyama8-2.jpg
サイコンによると標高は164m、往復で70kmくらいでしょうか。
帰宅後は汗でバチャバチャになったチャリとメットにホースで水を掛けます。
メンドウなのでそのまま自然乾燥(まぁ放置ですね)。
ついでに自身にも水を掛けます。コレは自然乾燥という訳にはいきませんが。

暑くなってきたのでエアコンの中で時間潰しを試みます。
最近始めたばっかりの3Dスカルプト。モニターに映る粘土をコネて遊ぶことに。
 29nishiyama8-3.jpg
1時間で飽きました。(というか煮詰まった)球からせいぜいコレ。なんだコレ?
まだまだ泥人形しか作れません。orz
機能限定とはいえソフト自体のポテンシャルは高いと評判なので永く楽しめそう…かな。

飲み始めるにはまだ早いのでJOJO三部のコミックを引っ張り出して
先日観た実写版(注:楽しめました。)のおさらいを。
その後は“ケモノの城”のハードカバーを図書館に返却して活動終了。

振り返ると見事に自分のコトしかしてませんね。幸せなことです。みんなありがとう!
おわり。

nishiyama nishiyama
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク