「醤油麹で鶏肉!」

新潟にも春が近づいてきました。
いよいよテニスシーズンが始まります。
冬の運動不足解消に、春からテニスをはじめてみませんか?

新潟市庭球場の小川です。
今年は(今のところ)風邪もひかず、インフルにも感染せずの冬を送ることが出来ました。
毎年、風邪で咳が止まらずつらい症状がありましたが、今年は大丈夫!
油断せずに「手洗い」「うがい」「お味噌汁」「甘酒」で春を待ちたいと思います。

*****恒例のテニスネタ*****
少し話題はさかのぼりますが、
2017年最初のグランドスラム「全豪オープン」の決勝戦見ましたか?
ナダル(スペイン)とフェデラー(スイス)の対戦でした。
レジェンド同士の対決はフルセットまで続き
6ヶ月ATPツアーをお休みしていたフェデラーが優勝しました。
なんだか嬉しく懐かしく、優勝したフェデラーのコメントではありませんが
どちらも優勝してほしかったです。

錦織選手!!ブランクのあったフェデラーに勝てると思っていましたが力及ばずでした!
現在は、4連覇中の「メンフィスオープン」に出場せず
アルゼンチン・オープン(アルゼンチン/ブエノスアイレス、レッドクレー、ATP250)に参戦しています。5年ぶりの8強に はいりました。
次は第6シードのソウサ(ポルトガル)と対戦です!!
がんばれ~~!!

旬!食!vol.26
「麹で鶏肉!」

旬な食材に特化してご紹介のはずが
最近は「麹」や「発酵」つながりになっています。すんません!

今回は、前回の醤油麹を使って鶏肉を焼いてみました。
相変わらずの簡単レシピです。




【材料 醤油麹 適量 鶏モモ肉(胸肉でもOK) 適量】

①鶏肉の皮を取ります。(油が大量にでるため。皮は別に焼きます) 
 29ogawa2-1.jpg

②ビニールに入れた鶏肉に、醤油麹を少しずつかけていきます。
 29ogawa2-2.jpg

③鶏肉と醤油麹がなじむように袋の上からやさしく揉みます。
 29ogawa2-3.jpg
 数十分経つと味がなじみますが 一晩置いたものは、またおいしいです。
 ※鶏肉を買って保存食としてストックが可能です。
  発酵の力はすごいです。

④フライパンに鶏肉をのせてから火をつけます。
 蓋があれば、蓋をして弱火で15分くらいゆっくり焼きます。
 29ogawa2-4.jpg
 ときどき油をキッチンペーパーなどで取ります。
 両面を焼きます。

目を離したら、少し焦げました!!!あ~失敗!!
麹が付いていますので焦げやすいので注意です。
焼く前にキッチンペーパーなどで麹を少し取るといいです。
 29ogawa2-5.jpg

完成!
 29ogawa2-6.jpg
上手く盛り付けると、少々のこげも気になりません。(言い訳・・・(TT))

簡単に出来ますのでぜひお試しください。


【お知らせ】
4月からの「テニス教室」の申込がまもなく始まります。
2月21日(火)から開始しますのでHPをご覧ください。

また3月1日からナイター営業を再開いたします。
こちらもご利用ください。

今回のブログは、これでおしまいです。
読んでいただきありがとうございました。

ogawa ogawa

「醤油麹!」

2017年 新しい年がはじまりました。
本年もよろしくお願いいたします。

新潟市庭球場の小川です。

この冬は雪がない新潟です。いいですね~! 
今年の成人式は、すばらしいお天気に恵まれましたね。成人の皆さんおめでとうございました。
しかしながら新潟の冬ですので、雪は降ります。
今日から寒波がやってくるという予報もあります。
このまま穏やかに冬が終わればいいなあと思っています。
またこの時期は風邪とインフルが猛威を奮います。
適度な運動を行い栄養と睡眠をとり、抵抗力を高める身体づくりをしましょう!!

*****恒例のテニスネタ*****
2017年のATPツアーの幕が明きました。
錦織選手!!惜しかった~~~。
8日決勝戦「ブリスベン国際(オーストラリア/ブリスベン、ハード、ATP250)」シングルスで負けました。残念。惜しかったです。
1stセットは2 - 6で取られ、2セット目1-2からの5ゲーム連取でセットカウント1-1。メディカルタイムアウト後のファイナルセットは相手ディミトロフのペースとなり3-6で終わりました。TVでライブ中継をやっていたので釘付けになり応援しましたが・・・・昨年同様準優勝。
16日からグランドスラム「全豪オープン」が始まります。
ぜひぜひ優勝を勝ち取ってください!
今年も大活躍に期待です。

旬!食!vol.25
「醤油麹!」

ことし2017年も、いろいろレシピをご紹介したいと思っています。
さまざまチャレンジを重ねますのでどうぞよろしくお願いします!

前回に引き続き「醤油ネタ」です。
手作り醤油からの発展系・・・・・・・・醤油麹です。

少し前に塩麹がブームになりました。(以前 ちらりと紹介した玄米塩麹はこちら→
塩麹は塩と麹と水で作ります。
醤油麹は「醤油と麹」で作るのです。簡単簡単!ちょ~簡単。

【材料 醤油150g 玄米麹150g (同量) タッパー容器】

①醤油と麹を計ります。・・・レシピを少しオーバー。笑
 29ogawa1-1.jpg

②麹を少しずつ混ぜながら、醤油に入れます。
 29ogawa1-2.jpg

 醤油と麹がまんべんなく混ざるように上下に何回も混ぜ合わせます。

 まだ醤油の味です。
 29ogawa1-3.jpg
 麹が醤油を吸うので、翌日に醤油を足します。(ひたひたくらいが目安です)
 常温で保管。1~2週間くらいで完成です。

◆発酵の変化◆
 1週間後  
 29ogawa1-4.jpg
 粒がまろやかになりました。
 醤油の味も、やわらかいかんじ。

 2週間後
 29ogawa1-5.jpg
 さらに発酵が進み、淡い色に変わりました。

 完成!
 醤油麹です!

 甘みがあってまろやかです。
 とてもおいしく出来上がりました。

この醤油麹を使うと、お肉が最高においしくなります。また保存に役立ちます。
次回は、このレシピをご紹介します~~♪
 29ogawa1-6.jpg

たっぷりたんぱく質摂取レシピをお楽しみに!

今年も『発酵ワールド』全開です。


【お知らせ】
12月から2月まで午後5時閉館です。
晴れの日は、ぜひテニスを!!

今回のブログは、これでおしまいです。
読んでいただきありがとうございました。

ogawa ogawa

「手作り醤油 完成!」

こんにちは。
新潟市庭球場の小川です。

11月も残すところあと1週間。
庭球場の樹木も紅葉が終わり、すこし寂しげな季節となってきました。
ですが新潟の空も時折、太陽が顔をだしてくれます。
そんな日はチャンスです。テニスをしましょう。
風邪やインフルに負けない身体づくりを!!

*****恒例のテニスネタ*****
2016年のATPツアーは「ATPワールドツアー・ファイナルズ(イギリス/ロンドン、室内ハード)」11月13日から7日間の熱い戦いで終了しました。

【ATPワールドツアー・ファイナルズとは?】
年間ランキング上位8名の選手が出場できる大会。
もし9位以下にグランドスラム優勝者がいる場合は8位の選手に代わって出場できる。
複数人いる場合は、その中のランキング上位者が1名出場可。
4選手が2グループに分かれて総当り戦を行い、各グループの上位2名が決勝トーナメントに進出。
1位通過者はもう一方のグループの2位通過者と準決勝で対戦。
獲得ポイントは予選ラウンドロビン1勝あたり200ポイント、決勝進出することで400ポイント、優勝すると500ポイント、最大で1,500ポイントを獲得する。

錦織圭選手!!3年連続出場。
今回はラウンドロビン1回戦でワウリンカにストレート勝ち。素晴らしいゲームでした。
その後、マレーに負けましたが勝率で『ジョンマッケンローグループ2位』となり決勝トーナメントへ。準決勝で宿敵ジョコビッチと対戦するも、ストレート負けでした。残念!
そのジョコビッチは、先日ランキング1位の座を渡したマレーとの決勝戦。
これに勝つと最多5回優勝のフェデラーと並ぶ大事な戦い。
ですが、勝利の女神はマレーに微笑みました。ホームアドバンテージもさることながら強かったです。
ワクワクする試合が盛りだくさんのツアーファイナルズでした。
来年は、グランドスラム優勝できるぞ!!がんばれ圭!!(松岡修造風・・・笑)

旬!食!vol.24
「手作り醤油(生揚げ醤油) 完成!」

なんでも手作りに!とチャレンジした2016年でした。
5月の館長ブログのネタ(コチラ)で醤油を仕込んだことをお知らせいたしましたが、
このたび、ついに完成いたしました!!!!

4月初めに仕込み、待つこと7ヶ月。本物の手作り醤油です。
11月中旬、醤油しぼりに行って来ました。
 28ogawa11-1.jpg
4月仕込みたての醤油

 28ogawa11-2.jpg
5月中旬・・1ヵ月半経過
発酵が進んでいます。

 28ogawa11-3.jpg
7ヶ月経過
しぼる直前。
熟成しています。

 28ogawa11-4.jpg
こんなふうにしぼりました。

 28ogawa11-5.jpg
完成!
写真でみるとコーラみたいですが・・・。お醤油です。
このお醤油は「生揚げ(きあげ)醤油」といって、諸味を発酵・熟成させ絞ったもの。
保存料が入らないので、一般的に市場に出まわることは、ほとんどないそうです。
鮮度が大事なので、1週間から1ヶ月くらいで消費しなければなりません。
お刺身や冷奴、湯豆腐に相性ばっちりでした!!!!
 お料理の写真がない(TT)
同じときに仕込んだ方たちと、お醤油の食べ比べをしました。
同じ材料でも作り手が変わると、それぞれ味が違うのです。びっくりです!!
発酵を助ける人それぞれの菌の力の違いだそうです。

そしてこのお醤油をさらに進化させるべく・・・・・・・・・・・
 28ogawa11-6.jpg
また「発酵中」です!!
これについては、次回ご紹介します☆

お酒、お味噌、お醤油などなど日本人で良かったな~と感じることが多いこのごろ。
『ビバ!発酵ワールド』


【お知らせ】
12月から2月まで庭球場開館時間がかわります。
午後5時閉館になります。
晴れの日は、ぜひテニスを!!

今回のブログは、これでおしまいです。
読んでいただきありがとうございました~♪

ogawa ogawa

新之助

こんにちは。
新潟市庭球場の小川です。

10月も半ばを過ぎました。暑かった夏も終わり、「秋」到来と思いきや急に寒くなってきました。
各方面でずいぶん風邪がはやっている様子です。
体調管理には充分お気をつけください!

テニスネタです。
日本でATPツアー「楽天オープン」が10月初めから有明コロシアムで開催されました。
錦織選手!今回は2回戦で棄権となってしまいました。臀部の痛みとのことです。
私の知り合いも、大会観戦に出かけていましたが、彼抜きの試合で残念でした。
その後、体調を復調。24日からスイスでの試合に出場が決まっています。

そして~!ATPワールドツアー・ファイナルズ(イギリス/ロンドン、ハード)に3年連続の出場が確定しました!!!!11月ロンドンでの活躍を楽しみにしたいと思います。



旬!食!vol.23
「新之助」


昨年から、米どころ新潟の新しいお米。「新之助」の話題がちらほらと聴こえてきました。
いよいよこの秋から試験販売が開始されました。

今回のブログは、うわさの「新之助」についてです。

先日、某百貨店に行ったところ なにやら人人人人・・・・・。
近づくと中心に紅白のパッケージ。
(あ!これが噂の新之助)と思った瞬間、隣のマダムが残り2個をまとめてお買いあげ。
あ~負けました!完敗。そんな私の口からは「残念!」とため息。
それを聞いたマダム、「どうぞ1ついいですよ~!」と素敵な笑顔で素晴らしいお言葉。
というわけで、このたびめでたく「新之助」をGETいたしました。

28ogawa10-1.jpg 28ogawa10-2.jpg

洗米する前です。確かにお米の粒は大きいかも。

28ogawa10-3.jpg



炊きあがりました。(写真では良く見えないですが、つやつやです)
おひつに移します。

28ogawa10-4.jpg 28ogawa10-5.jpg

いただきます!!

28ogawa10-6.jpg

甘みがあってコクがあって
おいしいお米です。
食欲の秋に拍車がかかります。

今回は興奮して接写写真ばかりになってしまいました。

新之助のHPはこちら
ご購入は、開店と同時がおすすめ!


今回のブログは、これでおしまいです。
☆米どころ新潟の新米パワーで、元気いっぱいスポーツの秋を楽しみましょう~☆

ogawaogawa

「甘酒☆」

こんにちは。
新潟市庭球場の小川です。

9月になりましたが、まだまだ残暑厳しい新潟です。
みなさま体調はいかがですか?
運動を行う場合、とりわけ屋外競技は、しっかりと水分・塩分の補給を行いましょう。

テニスネタです。
リオオリンピックは、12時間の時差にも負けず毎日TV観戦。特にテニスは面白かったです。
3位決定戦でナダルと戦った錦織選手。
セットカウント1-1。ファイナルセットの前に12分間のトイレットブレイクをとった錦織。
試合再開、苛立つナダルから、次第に錦織ペースに流れていっての勝利!!
『銅メダルおめでとうございます~!』 96年ぶりだそうです。
ネットでは、まるで「宮本武蔵戦術」などと話題になっていました。
オリンピックと「五輪書」をかけたとも・・・・笑    熱い夏!!でした。

さてさて2016グランドスラム最後のトーナメント
「全米オープンテニス大会」が現在ニューヨークで行われています。
昨日4日(月)に世界ランク42位のN・マウー(フランス)に4-6, 6-1, 6-2, 6-2の逆転で勝利し、2年ぶり3度目のベスト16進出を果たしました。
調子はどんどん上がってきている様子。
初のグランドスラム優勝へ!!がんばれ錦織☆☆



旬!食!vol.22
「甘酒☆」

今回は、「甘酒」についてです。

今年のように暑い夏におすすめのレシピです。
甘酒は「飲む点滴」といわれるようにアミノ酸をはじめ、たくさんの栄養素が入っています。
昔は夏バテ防止のため夏に親しまれていたそうです。
簡単に、さらに砂糖いらずのおいしい「甘酒」つくってみましょう。

酒麹ではなく、米麹なのでお子様も安心して食べられます!

【材料】米麹(今回は玄米麹)200g 水200g 温度計 フードジャーポットや魔法瓶
 28ogawa9-1.jpg

あらかじめジャーにお湯を入れ 暖めておきます。
 28ogawa9-2.jpg

①鍋に水を入れ65度くらいまであげます。火は中火より弱めで。
 28ogawa9-3.jpg

②米麹を鍋に入れ混ぜ、65度までゆっくり上げます。
 高温になると麹菌が死んでしまいます。麹の糖化が1番進むのは60度です。
 ジャーに入れるので少し高めにします。
 注意:この温度管理が最重要です!!
 28ogawa9-4.jpg

③ジャーのお湯を捨て、鍋から甘酒を移し蓋をします。
 (入れたときに再度温度チェックをします・・60度以上であればOKです)
 28ogawa9-5.jpg

④このまま待つこと8~12時間。
 保温性が高い魔法瓶であれば、8時間くらいで完成です。
 今回は12時間待ちました。(4時間ごとに60度に再加熱するとさらにおいしくできます)

⑤できあがり
 28ogawa9-6.jpg

 (↓ 火入れ※)
 28ogawa9-7.jpg
※今回は、完成した甘酒を「火入れ」しました。
 甘酒をもう一度鍋に入れ、中火で加熱します。グツグツ沸騰する前に火を止めて出来上がり。
 70度を10分くらいが目安です。
 火入れをすると、甘みが増し、いい香りになり、なにより保存が効きます。
 冷蔵庫で2週間~1ヶ月は保存可能です。


玄米麹で作ったので、とろとろではなく少し固めの甘酒です。食べる甘酒という感じ。
普通の米麹であれば、とろとろの甘酒になります。
玄米麹は、米麹よりすっきりした甘さでコクがあります。
また、保温時間が長ければ、より糖化が進むためとても濃厚な甘さになります。
砂糖が入っていないのが信じられないくらいです。
甘さが足りないときは、火入れをしなければ、常温で1日置いておくと甘くなります。
発酵の力です。
ぜひ夏の体調回復に作ってみてください。

バナナヨーグルトに甘酒をトッピング!最高です♪
 28ogawa9-8.jpg

今回のブログは、これでおしまいです。
☆夏の疲れを甘酒パワーで回復し 元気に秋を迎えましょう~☆

ogawa ogawa
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク