白山運動公園館長の黒鳥です。Part17

白山運動公園館長の黒鳥博から17回目のブログ更新です。

今回のテーマは夏休みの朝といえばお馴染みの「ラジオ体操」が新潟市陸上競技場で開催された模様です。

8月5日(月)まだ暗い午前3時から準備が始まりました。空が明るくなるころにはステージやピアノのセッティングも終わり、リハーサルの始まりです。

25kurotori8-1.jpg

全国ラジオ体操連盟公認指導者の西川佳克講師も音響の調整等、生放送に向けて準備に熱が入ります。

25kurotori8-3.jpg

午後5時30分を過ぎた頃から参加される皆様が集まり始めました。日の出も綺麗で気持ち良いですね。

25kurotori8-4.jpg

リハーサル、セレモニーも終了し、1,300名の皆様が芝生の上で生放送の開始を待っています。

25kurotori8-5.jpg

午前6時30分お馴染みの挨拶からラジオ体操が始まりました。

25kurotori8-6.jpg

25kurotori8-7.jpg

当日は雨も予想されドキドキでしたが、参加された皆様のパワーが新潟市陸上競技場から全国へ電波を通して送られたことと思います。朝から皆様の笑顔に触れ、清々しい1日となりました。

以前ブログでも紹介しましたが新潟市陸上競技場にはマスコットのりくちゃん(亀)が皆様のお出迎えをさせていただいています。そのりくちゃんをモデルに新潟市陸上競技場のゆるキャラが誕生しました。これからお目にかかる機会も増えるかと思いますので、よろしくお願いします。

25kurotori8-8.jpg

これで17回目のブログ更新は終了です。
今回もご覧頂きありがとうございました。
Part18をお楽しみに!

kurotorikurotori

夏といえば・・・

まだまだ暑い日が続いていますが、みなさんは、いかがお過ごしでしょうか?

先月の旅先は胎内市にある「乙宝寺(おっぽうじ)でした。
三重塔のみならず、門前通りにある乙まんじゅうも絶品です。
ぜひ、行ってみてください。

さて、夏といえば海、川、山だと思いますが、バーベキューも外せません!

まずは紫雲寺記念公園で親戚、友人たちと総勢20名で行いました。
ここは、炭などを用意してくれるので気軽にバーベキューができます。

スペアリブ、サザエ、ホタテなどものすごい量を焼いています。

この写真だと、どこでバーベキューをしているか分かりませんが・・・
食べる・飲むことが忙しく写真を撮ることをすっかり忘れてしまって写真が少ないのはお許しください。
25sakai8-1.jpg

天気も良くて、最高!でも、食べ過ぎて苦しい~!

そして2回目は家の庭先で11か月の娘を含む7名で行いました。
昨年は10ℓのビールサーバーを酒屋から借りてきてバーベキューをしたのですが、
足りなかったので今年は20ℓ!

ビールサーバーはこんな感じにセットしました。
25sakai8-2.jpg

25sakai8-3.jpg

さすがに20ℓを1日で飲み切ることができませんでした。

これだけ、栄養を摂ったので、夏バテなしで過ごせましたが、予想以上に太ってしまったので、これから絞っていきたいです。みなさん食べ過ぎ、飲み過ぎには気を付けましょう!

東公園児童プール在住「かめたん」が引っ越します。

開館準備中にプールの水を抜いてみると、排水溝のところにいたのが、ミドリカメの「かめたん」でした。
名前はちびっ子たちから投票してもらい、「かめたん」に決定。開館期間は東公園プールのアイドルとして活躍中!

夏季営業が終了してしまうので鳥屋野体育館に引っ越すことになりました。
東公園プールでは、みなさんに可愛がってもらいありがとうございました。
鳥屋野総合体育館でもよろしくお願いします。

25sakai8-4.jpg

「かめたん」プロフィール
 健康状態:良好
 大きさ :甲長約9cm
 雄雌  :不明

sakaisakai.jpg

8月も終わる・・・

結果的に暑かった夏も、もう終盤。8月も終わりが近づいてきました。今年の夏は皆様どのように過ごされましたか?私は、恒例の野球応援で真っ黒になってしまいました。年齢的には日焼けは大敵なのですが・・・。(-_-)

例年、中々予定が取れず、夏にはレジャーらしいことができません。しかし今年は、子どもの夏休みの宿題?に付き合って、新潟市美術館に行って参りました。「山口晃展」が開催されていました。いつもの施設の賑やかな空間と違って、心のリフレッシュが出来たような気がします。
25sone8-1.jpg

さて、先日鳥屋野総合体育館に、以前勤務していた樋口君が遊びに来てくれました。私の大学の後輩にもあたる樋口君ですが、今年の夏季監視員の本間君も大学の後輩であり、樋口君と同期でした。(世間は狭い・・・)仙台にある某体育大学ですが、最近あちこちで後輩たちに出会います。新潟からの出身者も多いので、このブログを見てもしや?!とお思いの方もいらっしゃるかもしれませんね。

樋口君もこのブログをチェックしてくれているとのこと。また、遊びに来てください!
25sone8-2.jpg
当時の樋口君です(^O^)

最後に、この間、医療福祉大学の実習生の皆さんと職員で、幼児ルームのリニューアルを行いました。床のカーペットを変えてみましたので、是非、ご利用の感想をお聞かせください。
25sone8-3.jpg

25sone8-4.jpg

9月になると、秋の教室もいよいよスタートです。
まだ、定員に達していない教室はご参加いただけますので、お気軽にお問合せください。
にいがたスポーツ・ナビ

25sone8-5.png

色々楽しみな秋がやってきますが、夏の疲れが身体のあちこちに出やすくなりますので、体調に留意してお過ごしくださいませ。

それでは、また次回~25sone4-5.gif25sone4-5.gif25sone4-5.gif

sonesone

テニスコートがプールに・・・でも!

庭球場館長 小川です。
みなさま、テニスコートをご利用いただきありがとうございます。
最近は、一歩一歩秋に近づいている気配がします。
とはいえ、まだ暑い毎日です。
体調に十分気をつけながら、楽しくテニスをしましょう。

今回のブログは
先日のゲリラ豪雨時のテニスコートの様子をご紹介します。

8月20日(火)
大気の状態が不安定になったことで、
新潟市中央区で正午ころに1時間降水量が50ミリの記録的な豪雨になりました。
市内でも、あちこちで道路の冠水があった様子です。

その時のテニスコートの状況は・・・・・・というと
最近では見たことがないくらい、一面の水たまりになりました。
25ogawa8-1.jpg
正午くらいの様子です。
いちめんの水たまり。
当日はジュニアの大会で主催者・選手とも一時待機です。

小康状態になった12時30分
水が、引いているのがわかります。
25ogawa8-2.jpg

25ogawa8-3.jpg
12時45分
見る見るうちに水がなくなっていきます。

25ogawa8-4.jpg
13時! テニスコートの水はなくなりました。

集中的な降雨では、一時的に排水が間に合わず今回の状態になりますが
小雨になれば、数十分で元通りになりますので、ご利用いただけます。
驚異的な水はけの良さ!!がウリのテニスコートです。
ぜひご利用ください。


◆お知らせ
  『2013 にいがたテニスの日』を開催します。
  日時 2013年9月23日(祝日) 午前9時~

メインテーマは「つなげよう未来へ!20000回ラリー」
9時から夕方まで、大勢の人でラリーをつなげます。
どなたでも何回でも参加いただけます。

ジュニアからシニアまで・初心者からプレーヤーまで、たっぷり一日テニスが楽しめるイベントです。
国体選手にチャレンジできるコーナーもあります。
車椅子テニスのデモンストレーションも必見!!

25ogawa8-5.jpg

詳しくはこちら。 
※申込は、希望コース・氏名・年齢・保護者名(ジュニアの場合)・
 連絡先携帯番号・住所をご記入のうえ、下記までお申し込みください。
庭球場へは:
メール(tennis@niigata-kaikou.jp)
FAX(025-276-8902)・電話(025-276-8900)・窓口へ
            
市テニス協会へは:FAX(025-245-3553)へ
   
みなさんの参加をお待ちしています。

ogawaogawa

今年も黒くて

下山スポーツセンター館長の西山です。

皆様お気づきのとおり
私が黒いのは海外旅行などではありません。
日焼けサロン通いでもありません。
道路の施工管理や工事誘導員のアルバイトを
している訳でもありません。…ウチはバイト禁止なので。

そうです。
山の下海浜公園プールの監視による日焼けです。
下山スポーツセンターのスタッフで
日焼けしているメンバーは
私と池田クンのお供で
山の下プールに連れて行かれた
かわいそうな監視メンバーです。

恒例?の足甲写真。※グロ注意!
25nishiyama8-1.jpg

池田クンは、もはや人種のカベをも超えて
神の領域へ踏み出したかのような御姿に…
夜、目と口を閉じたら気配まで消せるレベル。
人柄は抜群に良いですし、仕事ぶりも素晴らしい。
まるで武装解除した最新鋭ステルス機ですね。
昼間に出会ったら主のいない壁ボウシにしか見えません。
9月になったら下山へ見て来てください。
必ず笑わせてみせます。
ヤツはもう戻れないでしょう…

今回も最後までお付き合い、ありがとうございました!

nishiyamanishiyama

シュンジな休日⑫

こんにちは。
東総合スポーツセンターの川﨑です。

8月も中盤を過ぎお盆気分も薄れかけてきましたが、まだまだ暑い日が続きますね。

され、USPGAツアーも8月19日現在で残り5試合となりました。
米国男子ツアースケジュール
25kawasaki8-1.jpg

松山英樹プロは、次年度ツアーシード権を獲得するための賞金総額125位以内相当額の目安となる65万ドルを突破し、海外本格参戦を確定させたようです。

また、松山英樹プロは今シーズン海外ツアーに6試合出場している内、その予選ラウンドで同組になった選手が3人優勝するといった珍しいことが起きています。

全英オープン予選2日間同組でのフィル・ミケルソンの逆転優勝。WGC-ブリヂストン招待予選初日同組で優勝したタイガー・ウッズ。そしてこの全米プロでは、予選ラウンド同組のジェイソン・ダフナーが初のメジャー制覇を成し遂げています。

6試合で同伴競技者が3勝というのは異常な高確率であることは言うまでもなく、このジンクスはPGAツアーでもトピックスとして伝えられ、米ツアーでの松山英樹プロの知名度アップにも貢献しているようです。

ところで、石川遼プロにおいては、今年20試合で10度の予選落ち(ストロークプレー競技のみ)となっています。少しづつ調子を戻しているようですが、まだ本調子ではないようです。

米ツアーのレギュラーシーズン(今後の4試合は125位以内のみ参加可)は、「ウィンダム選手権」が最終戦となります。

この選手権終了時にフェデックスカップポイントか賞金ランクで125位以内に入ることができなければ、4試合からなる下部ツアーとの入れ替え戦”ウェブドットコムツアーファイナル”に回ることになるようです。

来季のシード権確保には厳しい状況ではあるようですが、最終戦、ツアーファイナルとまだチャンスは残されています。ここからの巻き返しに期待したいものです。
石川遼プロのツアー成績

最近旨いラーメンと出会いましたので、久々にラーメン店を紹介します。

「あっさり」に対し「こってり」ではなく「極み」「こくまろ」といった表現のラーメンを提供するお店です。
近ごろ新潟では「魚粉まみれ」や「魚粉ガッツリ」の店が多い中、魚介と動物系の調和のとれたスープで完成度の高い一品を提供するお店です。

店主は、吉相で修業されたとの噂もあるようですが、その店の名は、
「麺屋ななひら」です。

皆さんも一度足を運んでみては如何でしょうか。

また次回をお楽しみに

kawasakikawasaki

イタリアの巨匠レオナルド・ダヴィンチ

ルネサンス期を代表する天才芸術家ですが、その他科学、解剖学etcと様々な分野に顕著な業績を残した万能の人だということは誰でも知っていることですよね。なぜ突然スポーツとは無縁のこんな話題かというと、先日、ダヴィンチ展を鑑賞のため上野へ行ってまいりまして未だ余韻冷めやらぬってとこだからでしょうか。

残念ながらダヴィンチ本人の作品より弟子たちや影響を受けた芸術家たちの作品が多かったものの、彼の没後まで公表されなかった現在科学の先駆といえる数多くの手稿には、やはり彼は霊能者だったのだ!いや、神様が地上へ遣わした天使?と妙に確信してしまった私です。

25nagata8-1.jpg

ダヴィンチとの出会いは上野に「モナ・リザ」が来日したことがきっかけでした。何時間並んだかもう覚えていませんが、当時は学生で関東に住んでいたこと、数時間並んで鑑賞時間は15秒だったこと、あとは15秒ごとに上下するロープと鳴り響く笛の音を鮮明に覚えています。でもその直後に訪れたルーブル美術館で、当時はまだ普通に展示してあった柵もない辺りに誰もいない空間で「モナ・リザ」と対面した時の感動とあたりの静けさは今でも忘れられません。何とも神秘的な微笑は発狂する人がいるのもうなずける気がしました。今ではガラス越しで人の頭の間から垣間見ることしかできない「モナ・リザ」。撮影するとお粗末にもカメラがガラスに反射するという有様です。日本ではどこの美術館でも撮影禁止ですが、海外は結構大丈夫なところが多いです。

以前、数年前にルーブルで撮影した巨匠の絵画です。
『モナ・リザ』 1503年(ルーブル美術館)
25nagata8-2.jpg

ご存知、世界で一番有名な絵画ですね。深夜、美術館中を画から飛び出したモナリザが徘徊するとか、恋い焦がれた学生が毎日通いつめるうちに発狂したとか、ルネサンス期に作成された絵画にもかかわらず保存状態が完璧に近く補修加筆の痕跡もほとんど見られない。摩訶不思議と言わざるを得ない作品です。永田撮影のためかなりピンボケなのはご容赦を・・・。これを撮影した時にはすでにガラス張りで遥か彼方のモナ・リザです。

『聖アンナと聖母子』 1510年(ルーブル美術館)
25nagata8-3.jpg

自身が将来遭遇する受難の象徴である生贄の子羊をしっかりと手でつかむキリストと、それをたしなめようとしているマリアの姿が描かれています。生涯手元から離さず加筆を繰り返した結果、未完の作品とも言われています。完成していればダヴィンチの最高傑作のひとつと数えられたであろう作品です。

『洗礼者ヨハネ』 1514年(ルーブル美術館)
25nagata8-4.jpg
弟子サライをモデルに描いたという説、そしてサライとは「小悪魔」を意味する言葉だとか。
この作品は上のふたつの作品と一緒に生涯ダヴィンチが最晩年に手がけ、手元に残した作品です。洗礼者ヨハネの点に向かって指した人差し指はキリストの降誕を指しているとか。何とも魅力的な表情をしていると思いませんか?ダヴィンチが同性愛者だったという説もまんざら嘘ではないのではないかと思ってしまいます。因みに若いころのダヴィンチも相当の美形だったそうですよ。

25nagata8-5.jpg

ルーブル美術館は、地下鉄の駅から直結しています。モナ・リザなどの名画が描かれた壁沿いにすすむと美術館のあの透明なピラミッドの真下につきます。そのど真ん中にカードでしか購入できない券売機があります。つまり学生や失業者はカード不所持のため無料で入場できるということです。パリッ子はなんて恵まれた環境にいるのでしょう!

パリ市内の美術館フリーパスを購入し、大好きなルーブルと川向のオルセー、オランジェリーなどを数日間見て回り、夜も閉館まで粘ったため帰りのタクシーが拾えず大変な思いをした苦い記憶があります。ついでに地下鉄フリーパスも購入したのですが、途中で磁気が駄目になり駅構内で立ち往生してしまったことがありました。もちろんフランス語はできないし駅員さんにも身振り手振りで話しかけても全然ダメだったとき、ひとりの紳士が近づいてきて「あなたにプレゼントだよ」(英語だったような気がします。)とチケットを1枚、そっと手渡してくれたことを今でも忘れることができません。

スポーツとは縁のない話ですが、私の趣味の一つということでご紹介させていただきました。
レオナルド・ダヴィンチ。冒頭でもお伝えしたように人類史上最高の多才な人物であり、もしかしたら宇宙人か未来からタイムマシンでやってきた不思議人、あるいは偉大な霊能者だったのではと真剣に思っているのです。また、別の好きな絵画について触れる機会もあろうかと思いますが、お付き合いいただけますか?

nagatanagata

緑のカーテンが大きく成長しました

先回に引き続き緑のカーテンのその後をお知らせします。長雨が続いたり急に暑くなったりと天候が激しく変化しましたが、今のところは順調に生育しています。ひまわりはすでに大輪の花を咲かせ夏を彩っています。朝顔もちらほらと咲き始め、ゴーヤも実もつけています。

25tanabe8-1.jpg
先月からみると随分と大きくなりました。

25tanabe8-2.jpg
ひまわりも私の背丈よりも大きくなっています。

昨年度は毎日の水やりはジョウロでやっていましたので、バケツで何回も水を運び大変でしたが、今年はホースを準備したので少しは楽になったと思います。プランターの土もやせてきているので、来年は土を入れ替えたいと考えています。

tanabetanabe

改修作業中です!

今回は、西総合スポーツセンター 上田が担当いたします。

暑い日が続いていますね。
先日、自宅のクーラーをつけてうとうとしてしまったのですが、ひどい暑さで目を覚ましました。
その日は、もう夜だったので窓を開けたら少しは涼しかったので、その後はクーラーなしで過ごしました。
翌日、仕事から帰ってきて、部屋が暑かったのでつけてみましたが、全然涼しい風が出てきません…
おかしい…
スイッチを入れて室外機を見ると、頼りないくらいにゆっくり回り、10秒くらいでピタッと止まる!?
このブログが更新されている頃には修理完了している予定なのですが…暑いです。

さて、西総合スポーツセンターでは大体育室、中体育室ともに床の改修作業中です。
いつも体育館をご利用いただいている皆様にはご迷惑をおかけしております。
25ueda8-1.jpg
【床を削っています 大体育室はラインも含めて】
前に進むだけでなく、後ろに下がりながら削るんです。
まさに職人芸ですね。

25ueda8-2.jpg
【ウレタン塗装1回目】
なんと…手塗りです!
このあと、全面削ってウレタンの凹凸をなくしてもう一回塗ります。
その上にラインを引いて、またウレタン塗装…

臭いもするし、暑いし、過酷な作業です。

工事期間は8月末までの予定です。
今しばらくお待ちください。

uedaueda

今回出会ったにゃんこたち

わたしは雨降りでない休日の日は、気が向くと近所の飲食店まで徒歩で出かけます。
今回はあちらこちらで散策しながら、飲食店に着くまでに出会ったにゃんこたちの画像を紹介します。


25hoshino8-7.jpg
①西新道(新堀寄り)で撮影

25hoshino8-2.jpg
②西新道(広小路寄り)で撮影

25hoshino8-6.jpg
③古町10番町付近で撮影

25hoshino8-5.jpg
④湊小学校付近で撮影

①と④のにゃんこは似ていますが別物です。
※今回はあちらこちら行ったり来たりして、2時間くらい歩きました。

hoshinohoshino

「僕も疲れたんだ...なんだかとても眠たいんだ...」

今回担当します、白根カルチャーセンターの渡辺です。よろしくお願いします。

出勤時にいつも聞いているFMポートから長岡にある新潟県立近代美術館で「ルーベンス展」をやっているというCMが流れていました。「ルーベンス」とは「フランダースの犬」の主人公「ネロ」が夢描いて、いつも観たがっていた絵画の作者と言っています。

こどもの時、毎週涙を浮かべながら見ていた「フランダースの犬」。
大人になって映画化されたけど、映画化のCMがテレビで流れて、それを見るだけで目がウルウルしてしまう私。
大泣きするのが嫌で、映画もテレビシリーズのDVDも避けてきた私。
でも「ネロ」が観たがっていたのだから、「ネロ」が最後の最後に観ることができた「ルーベンス」なんだから。
『観に行かなければ、もう一生観られない』と行くことにしました。
25watanabe8-1.jpg

そしてついに行ってまいりました。
もちろん美術館内は撮影禁止です。8月11日が最終日です。まだ観に行っていない方は是非行ってください。

25watanabe8-2.jpg
これが「アントウェルペンの聖母マリア大聖堂」に飾られている「ルーベンス」の描いた「キリスト降架」のエグレーヴィング(版画技法のひとつだそうです)です。版画なので原画とは左右反転しています。

(話はまるっきり変わりますが、展示順に回って最後にDVDを流していました。「フランダースの犬」と「ルーベンス」の関係を紹介していました。現地では「フランダースの犬」はまるで知られていなかったそうです。日本人観光客が美術館かどこかの方に質問して、話題になって有名になったと紹介されていました。また「キリスト降架」が「ノートルダム大聖堂」に飾られていると紹介していました。とっさにあの有名な「ノートルダム」にそんな絵があったの?自分の教養の無さに呆れましたが、調べてみたら「ノートルダム」とは「聖母マリア」を差していて、各地にあるのですね。私が思い描いた「ノートルダム大聖堂」はパリの「ノートルダム」でした。だから全然違う聖堂でした。ちょっと知識が広がった感じです。)

ポストカードは「キリスト降架」を購入しました。(額縁に入った本当の版画は4万円くらいだったので、とても購入はできませんでした)そして職場の机のマットにすでに挟んでしまいました。

11時頃の入場で退場は2時を過ぎていました。
飲み食いしないでお昼をまたいで約3時間ですが、かなりじっくり見てきましたね。
心が癒された感じです。

せっかく長岡に行ってきたので長岡花火の片付けが大変な信濃川の河川公園を見ながら駅前に行ってきました。
25watanabe8-3.jpg
「アオーレ長岡」です。
ここには以前は「長岡厚生会館」が建っていました。
大学卒業し、就職先が決まっていなかった時、長岡の市民体育館が開館するので声をかけていただき、長岡に臨時職員で就職しました。

通いはちょっといやだったので、アパートを借りることにしたら市民体育館で働くより賃金が高くなる方に回していただき、厚生会館で働かせてもらいました。

厚生会館は風が吹くと窓はガタガタ音を立て、夜は1人で勤務でしたし、駅と飲み屋街が近いのでトイレに酔っ払いが内鍵して寝ていたり、ほんと毎日毎日が大変でした。

健康教室でいっしょに活動しながら体操やちょっとしたトレーニングの指導をさせてもらって、夜の部では終了後そのまま一緒に飲みに行ったりしていました。

大変だったけどとても楽しく、とても懐かしい日々です。
ところがそんな余韻に浸る間もなく、ブログの締切間近だったので、帰ってきたその足で作成中です。

「僕も疲れたんだ...なんだかとても眠たいんだ...」

急ぎの大切な仕事があるのですが、明日から頑張ります。今日はこれで帰らせてください。
眠らしてちょうだい「パトラッシュ・・・・・」

watanabewatanabe

見学はいつでもOKです

横越総合体育館の阿部です。
6月に横越小学校2年生の児童が校外学習のため、当館に見学に来てくれました。
普段入ることのできない倉庫の中や、ステージも見てもらいました。
剣道場で説明している私です。

25abe8-1.jpg

後日、児童たちからお礼のお手紙をいただきました。きれいに作ってあります。
館内に掲示することにしました。

25abe8-2.jpg

先日も、ビッグスワンへJリーグアルビレックス新潟の応援にいきました。
以前、応援のぼりをまた作ろうと書きましたが、作ったとたんに、チームは得点するようになり。25abe8-4.gif

この横断幕がいらなくなるくらい、毎試合、攻撃力が爆発すればOKです。25abe8-5.gif
25abe8-3.jpg

abeabe

結婚ラッシュも小休止!?

先日の7月27日土曜日に当館卓球教室の指導者である小林宰さんが、めでたく結婚式を挙げられました

お相手は、平成23年3月まで亀田総合体育館に勤務され、現在はビッグスワン内のスポーツ医科学センターで勤務されている「山田(旧姓)由紀子」さんです。

25hirokawa8-1.jpg

2人の出会いは、平成21年の5月。
そして約4年の期間を経て結婚。
なんと、今年の11月には待望の赤ちゃんが誕生します。

結婚式が7月27日で11月にパパ?とあまり深く考えないでください。
卓球でも宰さんの「スマッシュ」はとても速かった?と記憶していますが・・・・

ゴールデンウィーク明けから、禁煙を始め現在も継続中です。
※父親としての心構えが少しずつ、芽生えて来ているようです。
25hirokawa8-2.jpg

25hirokawa8-3.jpg
↑笑っているようにも見えますが大泣き状態です。

25hirokawa8-4.jpg
↑仕事関係出席者です。

hirokawahirokawa
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク