シュンジな休日⑪

こんにちは。
東総合スポーツセンターの川﨑です。
 
さて今回は、ずっと気になっていた「家の屋根」の塗装を行いました。
施工時間、天気の良い休日等述べ約24時間掛けて無事終了しました。
今回使う塗料は、「グレー」色のさび止め剤と大日本塗料社の家庭向け塗料部門であるサンデーペイントから出ている油性フッ素塗料7kg「こげ茶」色です。
《屋外トタン用塗料》

塗料的には、アクリル・ウレタン・シリコン・フッ素の順でより質が高くなります。
簡単に言うと紫外線や暴風雨等に対する強い耐久性があるということです。
《塗装の種類(グレード)》

まずは、屋根の掃除と雑巾がけです。
普通は高圧洗浄をしますが、そんな機械はないので、テッパでほうき掛けと汚れや鳥の糞などをワイヤーブラシとスクレッパー等で削ぎ落としケレンしていきます。
その後は、雑巾がけです。「屋根の上を掃除して何してんだろ」って結構滑稽な感じです。
いよいよ、作業に入ります。まずは、さび止めを塗ります。
雪の流れ止め用のアングルと鋼鈑の継ぎ目に、50㎜の刷毛で丹念に合わせ目の中にさび止めを押し込むように塗り込みます。この作業で8時間かかりました。

25kawasaki7-1.jpg

25kawasaki7-2.jpg

次は、ローラーで平らな茶色い下地部分を全部塗っていきます。
《スモールローラー》

25kawasaki7-3.jpg

これで、さび止めの塗り終わりです。2階部分と1階部分の全てが塗り終わりました。この工程に5時間かかりました。ただし、ローラーに延長の柄を付け足していて、立った姿勢で出来るので、刷毛よりは断然楽ちんです。
《ローラー付き柄》

25kawasaki7-4.jpg

25kawasaki7-5.jpg

次はいよいよ上塗りです。天気もいいし頑張ろう。とは言ったものの、さび止めと同じ工程をもう一度仕上げ塗料で行います。
アングルと鋼鈑の継ぎ目に、50㎜の刷毛で丹念に合わせ目の中に押し込むように塗料を塗り込みます。さっき書いた文言です。このころだんだん作業に飽きてきます。慣れたせいか6時間30分で終了です。

25kawasaki7-6.jpg

最後に仕上げ塗料の塗布です。ローラーで丹念に一枚一塗っていきます。
フッ素塗料のこの輝きがご覧いただけますか。ローラーでの塗装は、簡単ですし素人でも綺麗に仕上がります。仕上げに5時間かかりました。

25kawasaki7-7.jpg

塗料は濃度が薄いと楽に塗れますが塗膜が薄くなり、濃度が濃いと塗るのが難しくなります。その加減が経験なのでしょうね。ですから、20分毎に薄め液を足して濃度をほぼ一定に保つのが一番大変です。

25kawasaki7-8.jpg

25kawasaki7-9.jpg

「やっと終わったー」
近いうちに完成祝いパーティーをしようと思います。

皆さんもチャレンジしてみては如何でしょうか

また次回をお楽しみに。


kawasakikawasaki
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク