「大荒れの年末年始...」

今回担当します、白根カルチャーセンターの渡辺です。よろしくお願いします。

天候は穏やかで今現在市内は積雪ゼロ、駐車場の除雪車出動依頼もゼロ(2月4日現在)。そして年末年始もたいして荒れてはおりません(大みそかは強風で結構荒れてましたが)。
なのに大荒れとは、どういうことか?

前回ブログ掲載は、2013年(平成25年)12月27日でしたが、その時は実は手術をしておりました。
12月20日に痛みで我慢できなくなり、緊急で手術をしてくださる病院を紹介してもらい、12月25日のクリスマスに入院し、27日手術、翌1月8日に退院と天候とは逆をいく超大荒れな年末年始でした。

何の痛みかと言うと、白根カルチャーセンターのお客様や私の姿を年末に見た方はご存じのことではありますが、11月初旬から腰痛からくる左臀部から左足先まで起きていた痛みとしびれで、歩く時に脚を引きずっていた状態でした。
いわゆる椎間板ヘルニアです。

ところが椎間板ヘルニアも2回目(5~6年前)で1回目の時はかなり重症で1週間まったく動くこともできず、ようやくはって動けるようになってから入院して、即手術をしてもらいました。
今回は、2回目と言うこともあり、ヘルニアの除去だけだとまた3回目が起きる可能性もあるので、ヘルニアが起きた腰椎の4と5番をボルトで固定し、腰椎の無くても良いところの骨を粉にして、椎間板を取り除いた腰椎間に入れ背骨をくっつけるという、結構大がかりな手術となりました。

26watanabe2-1.jpg

背骨の一体化が上手にできるまでコルセットのお世話にならなければなりません。最低3か月は、起きている場合は必要とのことでした。

26watanabe2-2.jpg

これは手術後の28日の夕食です。手術日の朝食から翌日昼食まで食べられませんでした。手術後の血抜きの管や尿管が体からつながっているのでコルセットを巻けず、ベッドを起こした状態でご飯を頂いております。
術後3日目で管を抜いてもらい、歩行器を使って歩いておりました。

大晦日も関係なく、夜9時消灯でした。テレビは10時まで付けていても良いのですが、消灯と同時に寝てしまいました。
元旦も朝7時に起きていました。

26watanabe2-3.jpg

おかげさまで初日の出を写真で撮ることができました。新潟中央病院西病棟5階からの眺めでございます。スポーツクラブNAS様の屋上から雲の切れ目をついてお日様がちょうど出てきました。

腰の痛みというか、疲れると腰が重くなることは子どもの時からあったのですが、働くようになってから結構腰がはるようになってきました。
今後は、腰がはったりするのは変わらないと思いますが、ヘルニアは起きないと思います。しかし油断せず気を付けて行きたいと思ってます。

26watanabe2-4.jpg

前かがみで自分で髪を切ることが困難なため、床屋さんで切ってもらいました。どうせならとただの坊主頭でなく、短めなスポーツ刈りにしてもらいました。
話しと大分離れますが、自分刈りをして以来、お世話になっておりませんが、「ヘアーサロンモリヤマ」さんも行けば私の癒しのスポットです。
寝てしまうと迷惑かけるので寝ないよう気を付けるのですが、何回か寝てしまったことがあります。
顔を蒸しタオルで覆ってもらったり、シャンプーしてもらったり、良い気持ちになります。

あっちこっちに話が飛んですみませんでした。
とにかく皆様もお体に気を付けて過ごしてください。
今回も最後までお付き合いいただきありがとうございました。

watanabe watanabe
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク