シュンジな休日⑱

こんにちは。

東総合スポーツセンターの川﨑です。

早いもので、3月も末を迎えております。
少しずつ春が感じられるようになった・・ んでしょうか?

今回は、先日マイカーをユーザー車検してきましたので、そこら辺をご紹介します。

ユーザー車検は予約が必要で、電話予約も出来ますがインターネット予約が簡単です。
予約番号が14ケタで付与されます。これを忘れると受付に時間がかかります(業とらしく待たされます)。

継続車検は、有効期間の満了する一か月前から受けることが出来ます。

車検に必要なものは、次のとおりです。
①自動車検査証(継続の場合期間内の物:現存の車検証)
②自賠責証明書(期間が月の途中だと前回分と今回分が必要)
③自動車納税証明書
④24か月点検記録簿(事前に整備点検してチェックした物)
⑤自動車重量税印紙代
⑥自動車検査登録印紙代(検査手数料)
⑦登録検査用紙代  
以下のとおり必要書類と記入が完了しました。
26kawasaki3-1.jpg

書類が準備出来たら陸運局のユーザー車検申請窓口に提出します。
申請用紙を重なる順番など結構厳しいです。
26kawasaki3-2.jpg

申請書類が受理されたら自動車検査票Ⅰだけを外し、検査ラインに並びます。
4レーンの中、右から2番目が空いていたので、そこに並びました。
26kawasaki3-3.jpg

並んでいるうちから検査は始まります。

最初に行うことは、同一性の確認です。
車検証と車体が同一の物かをチェックします。

車体番号は、必ず車体のフレームとエンジンに打刻されています。
ちなみにハリアーは、ボンネットの中ではなく、運転席シート下にフレームの一部を張り出させて刻印されています。

初めての継続車検時に検査官にちょっと意地悪され「車体番号を示してください」って言われて電話でディラーに確認したことを思い出しました。

検査内容は以下のとおりです。
1.同一性の確認
2.外廻り検査
3.サイドスリップ検査
4.ブレーキ検査
5.スピードメータ検査
6.ヘッドライト検査
7.排気ガス検査
8.下廻り検査
9.総合判定
詳しくは、こちらをご参照ください。

26kawasaki3-4.jpg
真ん中にあるのが総合判定ボックスで、検査官が全ての工程のデータを総合判断し、検査票に合格印を押印します。結構ドキドキです。
問題がなければ終了となりますが、問題があった場合は問題箇所の是正を行い、再受検を行います。1回の検査申請による検査コースへの入場回数は、3回までと制限されているので気を付けましょう。
こんな感じで、ユーザー車検を無事終了しました。
皆さんもチャレンジしてみてください。

今回のラーメン店紹介は、

連れが鳥白湯(トリパイタン)を食べたいとのリクエストで、先月末にオープンした白湯スープをウリにするお店にトライしてきました。

少し濃い目の味付けではありますが、旨い一杯を見つけました。
中央区の笹出線に面し、東跨線橋周辺にある

その名は「繁屋」です。

是非試してみてください。

次回をお楽しみに。

kawasakikawasaki
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク