自転車再生記録(その1)

下山スポーツセンター館長の西山です。
今日もチャリネタです。

ブログで(何回もしつこく)紹介している通勤用のチャリ
SCOTTというメーカーのクロスバイクですが
実は通勤用のチャリとしては三代目となります。
初代は20数年前のMTB流行時に購入した
MTB仕様の(価格1万円未満)チャリでした。…いつの間にか無くなりました。
※注1:~仕様という言葉は前文否定の意味で使用、つまりMTBでは無いということ。

先代(2代目)は20年前に市内の某ショップにて一目惚れした逸品。
メーカーはGIANT、前後にサスペンションを装備した豪華な20インチです。
値段も7万円くらいしたと記憶しております。
何より気に入ったのが車体カラーでした…ソリッドな黄色と赤のフレーム。
デザイナーのそのセンスを疑いつつも、その目立つ色のおかげか
引っ越し時にありがちな紛失事故にも逢わず、また嫁の断捨離口撃も躱しながら
なんとか生き残しました。だって7万ですよ?
まぁ、タイヤやらケーブルやら金属以外のパーツはほぼ死んでましたが。
特徴的な例のフレームも鉄製ゆえあちらこちらが錆びてました。
1年前に2代目再生計画を急遽立て(要するに暇つぶしの思いつきですね)
写真も撮らずに全部バラしてしまいました。
…また、やっちゃいましたね… 
※注2:図面も無いのにバラすのは破壊行為に等しいです。(経験則)

勢いで黄色と赤い塗装へ薬品をかけて…ペーパー掛けしたり、ワイヤーブラシで…
地金状態にしたところで力尽きたのを覚えています。
※注3:鉄は地金状態で空気中に放置されるとやさぐれて、まず100%錆びます。

26nishiyama5-1.jpg
26nishiyama5-2.jpg


それから1年経過し、長男(中2)から新車(自転車)を所望されたのをキッカケに
頓挫した再生計画に再び着手するモチベーションを手に入れることとなりました。

期待されていなくてもその2へ
(自転車再生記録 その1 おわり)

nishiyamanishiyama
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク