体育館と新潟地震

 新年明けましておめでとうございます。今年もよろしくお願いします。
以前、何気なく事務室戸棚にあるファイル「保存版 新潟市体育館構造解説資料」を見ていたら、平成26年6月11日の新潟日報が挟み込まれていました。新潟地震から50年の特集号で、この体育館にも地震の被害を学ぶために小学生が訪れたという記事が載っていました。赴任時に何となく感じていた違和感(乗船したときに起きるような船酔いに似た感じ)は何だろう思っていましたが、この記事で改めて地震の被害の大きさを知りました。
 液状化現象で建物の中心部が沈み・全体が中央に向かって傾斜したそうです。記事には男子更衣室の傾きが最も大きいと書いてありましたが、正にそのとおりで、フロア側に向かって大きく傾斜しています。正面玄関の2階に上がる階段も見た目でも傾斜が分かります。写真を撮ってみましたが、はっきりと傾斜がみてとれます。
  27tanabe1-1.jpg
   男子更衣室(左側ロッカーを基準にすると奥のロッカーが傾いています)

  27tanabe1-2.jpg
   正面玄関から2階に上がる階段(床面を基準とすると階段が左に傾いています)

 観覧席やラウンジ、トイレも、写真には表れないので目で確認できないのですが、傾いています。改めて地震のエネルギーの大きさを感じています。

tanabe tanabe
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク