日本最北の動物園SUCCESS STORY

 本格的な冬を迎えておりますが、皆様、体調はいかがでしょうか。
過日、初冬の北海道へ行ってまいりました。
どうしても一度は行きたかった旭川市立旭山動物園です。今では上野動物園と入場者数を競い、遠く海外からも観光客が押し寄せるほどの人気ぶりですが、以前は廃園の危機に立たされるほど経営が頻拍していたと聞きます。
施設の老朽化などに伴い衰退の一途をたどっていたところを、行政と一丸となって他の動物園では類を見ない「行動展示」という動物のありのままの姿を見せる手法を用い、スタッフのアイデアを起用するなどあらゆる努力の末に入場者数を大きく回復し、今では旭川市のメインレジャー施設として大きな役割を担っているそうです。

まず大好きなペンギン。冬の風物詩ともなっているペンギンの列を作って園内をお散歩する姿は本当に愛らしいと思うのですが、残念ながら時期的に観ることはできませんでした。なので空飛ぶペンギンです。そのスピードの速いこと速いこと!
シャッターチャンスはなかなかありません。
 27nagata1-1.jpg

アザラシの縦泳ぎです。この円柱水槽は屋外水路とつながっていて、好奇心旺盛な彼らは人間にどんどん近づいてきます。写真でもわかるようにガラス一枚の距離で見ることができます。
 27nagata1-2.jpg

一番楽しみにしていたホッキョクグマのダイビング。テレビでは深い水槽に勢いよく飛び込むシーンを見たことがあります。
ちょうど水が流れ落ちているところから飛び込むイメージですね。観客の皆さん、カメラを持ってその時を待っています。
 27nagata1-3.jpg
携帯カメラを用意しワクワクしながらその瞬間を待っていましたところ、何と容量オーバーでシャッターが切れないであたふたしている間にすでにシロクマさんは水の中です。これは同行した友人が撮った写真です。あの豪快に飛び込むシーンには遭遇できませんでしたが、水の中を悠々と泳ぐくまさんを見ることはできました。
この水槽のなかで餌を投げてもらいお食事をするのですが、さすがにくまさんも寒い?のか、飛び込むというより水に手を一度つけて引っ込めるしぐさをし、仕方なく恐る恐るお尻から水に入った感じでした。寒いのにくまさんも大変ですね。(なわけないか。)
 27nagata1-4.jpg

これはご覧のとおり雌ライオンです。アザラシ同様、ガラス越しにご対面できます。こんなに近づいているのに警戒心もないようです。でも後でわかったのですが、ガラス窓のところに板を敷き、少しでも暖かくなるよう工夫しているのだとか。アフリカに生息する動物なので冬の旭川はつらいかも。写真はないですが雄ライオンは鼻水をたらしていました。
 27nagata1-5.jpg

他にも動物の餌やり「もぐもぐタイム」、頭の上の吊り橋を歩くレッサーパンダ、ガラス越しに挨拶に来るテナガザル、手を伸ばせば届きそうなキリンさん(1階からはガラス越しに、2階からは直に見ることができます。)、手作り看板などスタッフの気配りや工夫をいたるところに感じることができました。

危機的状況の中でも「そもそも動物園とはどうあるべきか」について議論を重ね、属する全てが「ぶれないビジョン」を共有し、その実現に向けて日々の個々の役割のなかで情熱をもって働いたからこそ、限られた予算のなかで今あるものを最大限生かすという手法で月間入場者数を日本一へまで押し上げた功績は見習うべきものであると実感しています。

nagata nagata
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク