娘の自転車

下山スポーツセンター館長の西山です。
今回は長女(6才)の自転車に関するお話。

新潟がスノーシーズンに入る前、娘は自転車操縦訓練をしていました。
補助輪を頼りにしたその運転はゾウ組の中でも一番ヘタッピのようでした。

最近、春めいて来ましたので遅れを取り戻すため操縦訓練を再開。
娘は補助輪とペダルを外した―
―最近の練習方法としてペダルを外すらしい―
20インチの白と桃色の機体に跨って懸命にアスファルトを蹴っています。
※ペダルを外す作業の時、左側が逆ネジなのに気付かず…
 嫁の指摘で完了。…挽回できないミスを犯す。
後輪がパンクしていることに気が付き得意のDIYにて修理をすることに!
早速、挽回のチャアンスゥかぁぁぁぁ!
(子供用と侮って手を出したのが甘かった!)

ロードやクロスバイクと勝手が違い
小さいくせにママチャリと同じ構造。
チェーンの遊びが無く、泥除けがありしかもバンドブレーキ。
全部バラさないとパンク修理できません。
半時間ほど格闘し後輪をフレームから外すことが出来ました。

チューブを確認すると1mmほどの穴が開いていました。
手持ちのパッチを充てて補修しようと思っていましたが
作業の手間を考えると少しでも長持ちした方が精神衛生上も良いと思い
祈りも込めて新品交換としました。

さて、肝心の練習の成果ですが…
それはまた次の機会に。

(おわり)

nishiyama nishiyama
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク