バスで通勤

 40年ぶりでしょうか、バス通勤を始めました。若かりし頃、バスは冬場通学時に少し利用した程度でもっぱら自転車でした。勤めてからは自家用車での通勤でしたから、バスで通勤するのは初めてです。
 定期券の購入も、昔はバスステーション?(最初こう呼ばれていたような)1か所で、購入者が月末に集中し、行けば長蛇の列で長時間待たされたものでした。そんな覚悟で行きましたが、ものの数分で購入でき、あまりの速さに呆気にとられました。定期券そのものもカードで驚きました。
 バスの発着時間もほぼ時間通り、寒い中、長々またされなくてよかったです。昔はなかなかバスが来ないでイライラしたものでした。でも、朝の混み合うバス内は昔も今も変わらないですね。今は混み合うバスを避け、ひとバス遅らせ、空いているバスに乗っています。
 白山公園前で下車、公園を横切って体育館までいくのですが、通い始めた12月は、北風の吹きすさぶ最悪の天気でした。吹雪で傘もさせない中、寒さに震え身を屈めて通いました。しかし、以降は雪もあまり降らず、真冬にもかかわらず比較的穏やかな天気が続き周りを観る余裕もできました。
 白山公園は改めて観ると立派な公園ですね。雪国の庭園しか観られない雪吊りや冬囲いがされていて、若いころは気にも留めなかったのですが、丁寧に剪定された樹木は趣に溢れています。

   27tanabe3-1.jpg
       雪吊りされた蓮池の周辺の松

 2月も下旬に入ると春を待ちわびているかのように木々の芽が動きだし、寒風の中、梅林の梅が花をつけたのには本当に驚きました。3月半ばには梅林の半数が咲き、甘い香りを辺りに漂わせていました。寒くなったり暖かくなったりする日々が続いていますが、日増しに春の訪れを感じる今日この頃です。

   27tanabe3-2.jpg
       満開の梅の木も観られるようになってきました

   27tanabe3-3.jpg
       ひょうたん池の鯉も元気に泳ぎだしてきています

tanabe tanabe
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク