「坊主刈り考」

館長ブログにおいでいただきましてありがとうございます。
白根カルチャーセンターの渡辺です。
よろしくお願いします。

曽根ママからのご質問にお答えします。
床屋さん経験者はわかることとは思いますが、
髪の毛が短くても洗髪、乾燥、櫛でとかすということを
切る前には行います。
プロでもそうなので洗髪はしないまでも
櫛でといてあげればよいかと思います。
またプロのバリカンでも髪の毛をかむ時はあります。
全体を短くするまではゆっくりと動かした方が良いです。
 27watanabe6-1.jpg

写真は前回の使い回しですが、
襟足処理が自刈りだとできないんです。
しかし元西海岸公園市営プールスタッフで
自刈りで襟足もそろえる達人がいました。
私なんてまだまだひよっこです。

ところで電気バリカンの長さ調節アタッチメントは
3,6,9,12ミリになっているのが大半だと思います。
なぜ3の倍数なのか?
3分刈りが基準だから?
いやいや着目すべきは、「分」なんです。
「分」は「尺」の1/100の単位なのです。
1「尺」は約303.030ミリとなっているので
1「分」は約3ミリなのです。

中学高校の時は普段5「分」刈り、大会前で3「分」刈りだったかな~?
今じゃ、1「分」刈りです。それも10日で刈ってます。
今そんなに気合入れないで中高生の時、気合入れてれば良かったのに。
こどもの時も私は坊主頭には抵抗はなかったです。
「坊主頭なんてカッコ悪い」「なんで短くしないといけないんだ」
みたいな考えはしませんでした。
言われたままですから、主体性はなかったのでしょうか。
でも髪の毛が長いと帽子からはみ出すし、
汗をかいて水道でピヤッと水をかぶって流す時、
坊主頭は簡単に乾くし、楽でしたから。
「髪型が決まらない」と鏡をのぞく時間も必要ないですし。

とりとめのないお話に最後までお付き合いいただき
ありがとうございました。
それではまた。

watanabe watanabe
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク