シュンジな休日㊲

こんにちは。

東総合スポーツセンターの川﨑です。
3月も末を迎え、桜の開花が気になるところです。
今回は、自転車のタイヤ交換を行ってみました。
数年程前に家族で自転車を購入しましたが、当時はMTBが流行っていたため
2台は、MTBにしました。
ところが、ロードには不向きで、タイヤが太い分スピードも出ません。
また、泥跳ねも多く、少しの水たまりでも厄介ものでした。
日本での自転車のタイヤは、大きく分けると2種類あります。
イギリス基準 26(リムの径)×1.3/8(一と八分の三インチ:幅)ママチャリなど。
米国基準 26(リムの径)×1.75(まんまインチ:幅)MTBなど
詳しくは、こちら。
http://irodoriworld.com/archives/3575
http://www.geocities.jp/jitensha_tanken/tire_size.html
純正のブロックタイヤ 26×19.5からの交換です。
今回は、26×1.50のスリックタイヤにしました。

 28kawasaki3-1.jpg
フロントタイヤを外します。

 28kawasaki3-2.jpg
自転車には他ではあまり使わない15mmの
ナットが良く使われています。

 28kawasaki3-3.jpg
今度はリヤタイヤを外します。

 28kawasaki3-4.jpg
リヤタイヤは、外すのは簡単ですが、付けるときの回転方向の軸調整とブレーキパットとの緩衝の調整が面倒です。

 28kawasaki3-5.jpg
完成です。
タイヤの位置もセンターに来ているのが確認できます。

今回チューブも交換しましたが、バルブも日本には3種類あります。
http://www.cb-asahi.co.jp/html/size-tube.html
MTBだけに米式バルブ/AVになりました。

皆さんも挑戦してみてはいかがでしょうか。

kawasaki kawasaki
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク