「猫派?犬派?」

みなさんこんにちは。
4月から鳥屋野総合体育館の堀から白根カルチャーセンターの堀になりました。
施設は代わってもブログは続きますので、今後ともよろしくお願いします。
誰でも何かしら心や体のリフレッシュはしているかと思います。私ももちろんいくつかあります。運動して汗を流すこと、韓国ドラマを観ること、そして愛猫と遊ぶことです。
とはいっても、アパート暮らしという環境なので残念ながら飼えません。実家の猫です。月に1~2回程度休日に癒しを求め帰ります。
【犬派?or猫派?】という質問をよく見かけます。圧倒的に犬が多かったペット事情が、ここにきて猫が猛追し、まもなく逆転しそうだと。確かにテレビのCMなどでも犬より猫を最近よく見るかもしれませんね。
今回は人間の性格も犬派・猫派で全然違うという説について、私の愛猫の写真を眺めながら読んでいただきたいと思います!
 
 28hori4-1.jpg

よく飼い主と飼っている顔が似ていると言われます。飼う時に自分と似ている動物を無意識に選んでしまうのか、飼っているうちに似てくるのか、定かではありませんが、顔だけでなく、性格も飼っている動物によって変わってくると言われます。
例えば犬は群れを作って生活していた動物であるので、犬派の人は協調性があり、社交的な性格の人が多いそうです。
反対に猫は孤独を好む動物で、あまり干渉されるのを好みません。猫派の人()も同じように自由気ままな人が多いそうです。(当てはまっているような気がしないでもない・・・

 28hori4-2.jpg

恋愛面でいうと、犬派は相手に尽くすことで自分も喜びを得る人が多く、犬のように「見返りを求めない愛情」を持っている人が多いそうです。ただ、愛情が深いため、少し重めの恋愛観になってしまう可能性があると・・・。
一方、猫派()は内気な性格の人が多い傾向があるそうで、時には自分の意見をはっきり言わなかったために、相手を振り回してしまう事もあるそうで。マイペースですが、悪気はないので、そこも魅力だと思って許してあげましょう。(あくまで傾向ですから・・・)

 28hori4-3.jpg

犬派と猫派では、こうも性格が違うというのは、面白い傾向ですねえ。
なんとなく犬派の方が内容的に良く聞こえるような気がしますが・・・。ただ、私もそうですが、みなさんの中にも猫派でありながら犬も好きだという人もいると思います。そういう人は、猫派・犬派両方の部分を持っているということですよねえ。

hori hori.jpg
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク