「ロボット」

アニメに登場するいわゆる人型ロボット、
マジン○ーZ、ゲッ○ーロボ、○ンダム、エヴァン○リオンなど
夢中になった方も多いのではないでしょうか。

昔はロボットの"頭部"に操縦席がある作品が主流だったように記憶しています。
ところがその操縦席が徐々にロボットの"腹部"に移ってきているようです。

"頭部"のメリットとしては、機体の中では動きが激しい部分に当たるので
被弾しにくいということが挙げられます。
また、視点が高くなり直接的な視覚情報を取得しやすい
というメリットもあります。

一方、"腹部"は人間の身体に置き換えると重心にあたり、
機体の中では動きが少なく安定している部分なので
操縦時のストレスが軽減されると考えられます。
また、"腹部"操縦でも外部カメラなどを搭載することで
"頭部"操縦時と同程度もしくはそれ以上の視覚情報の取得が期待できます。

そこでロボット開発企業の皆様へお願いがあります。
"腹部"操縦型のパイロットをお探しでしたらご相談に応じます。
"頭部"操縦型のオファーはご遠慮ください、乗り物酔いしやすいタチなので。

aioi aioi.jpg
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク