新潟市陸上競技場館長の黒鳥です。Part53

新潟市陸上競技場館長の黒鳥博から53回目のブログ更新です。
今回のテーマは「砲丸」です。陸上競技場では様々な備品の貸し出し行っていますが、今までなかった「砲丸」の貸し出しを始めました。砲丸は年代性別によって重量が違います。中学生女子用の2.721kgから男子一般用の7.260kgまで各種揃えてあります。練習のたびに重い砲丸を持参していたお客様が少しでも便利になればと思います。
29kurotori6-1.jpg

その砲丸のメーカーは世界30カ国以上あり、アメリカ、ヨーロッパ、インド等の国は、ほとんどコンピューター制御で砲丸を加工後、穴を開け鉛を流し込むなどしてバランスや重量を調整しているようです。そのなかで国際規格の条件が厳しい砲丸を、日本のメーカーではなんと手作りをしているところがあります。材質、密度、サイズなどが異なる鋳物から、手作業で同一の製品に仕上げる技術は、流石日本が世界に誇る巧みの技だと思います。野球のバットやグローブもそうですが、このような技術が途絶えることなく継承されることを願っています。

プライベートでは先日実家に帰った際に物置に入る機会があり、懐かしいCDを見つけました。
29kurotori6-2.jpg

当時、音楽はダウンロードするものではなくCDを買うか借りるかして聴く時代でした。懐かしい思いで自宅に帰る車内でCDを聴き始めたのもつかの間・・・家族に猛反対を受けあえなく終了。いつもどおりの「クレヨン○○ちゃん」のDVDに変わりました。一人で車に乗る際はCDを聞きながら当時の思い出に耽っている今日この頃です。
これで53回目のブログ更新は終了です。今回もご覧頂きありがとうございました。
Part54をお楽しみに!

kurotorikurotori
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク