下山SC館長の【通常形態】

こんにちは (。・ω・)ノ
スポーツをみていて、鳥肌が立つことがあります…下山スポーツセンター池田です。

今年最後のブログです、野球のおはなし…

今から20数年前、青山学院大学野球部との練習試合…当時の青学といえば、甲子園組・プロ注目の選手が集まる、超エリート少数精鋭集団…試合中、選手はベンチから声を出すこともほぼほぼなく、ジッと冷静に戦況を見つめる、自分の出番になったらその考察力と集中力で結果を残す…他の大学ではありえない…そんなチームのショートのポジションに彼はいました。重戦車のような下半身と【強靭な手首】から繰り出されるスナップスロー…そして強烈な右方向への打球。ガツっと右中間のフェンス直撃の2ベースを目の当たりにしました。
29ikeda11-1.jpg
日本代表にも選ばれ、アトランタオリンピック銀メダルにも輝いた彼は、プロ注目の選手どころではなくスーパースターの領域…年に2回、春と秋のリーグ戦前に出版される大学野球専門誌ではいずれも表紙を飾るヒーローぶりでした。

プロ入り、日本一を2回。メージャーへ移籍、ワールドシリーズ制覇。日本球界復帰、史上最大の下克上日本一。日米通算2000本安打。そして今年42歳、今季限りでの引退を発表、8月には、若手選手に出番を譲るため自らの意思で2軍行き決める…あぁLEGENDだね…

2017/9/24引退試合…スタンドはLEGENDの姿をひと目みようと超満員でした。9回裏3対1の2点ビハインド、ノーアウトランナー1塁…現役21年間最後の打席になるかもしれない…カウント1-2からのストレート、そう…あの【強靭な手首】を活かしてガツっと振り抜く…バックスクリーン右側へ向かった打球は、最後にスッと、なにかに、誰かに、押されるようにフェンスギリギリを越えてスタンドへ飛び込みました…その瞬間「押したな~みんなの想いが…」そう感じて鳥肌が立ちました…
29ikeda11-2.jpg
引退試合の主役に対し、相手投手も全球ど真ん中ストレートで勝負する…それでもここで打ちますか…
実況:「こんなことがあるんだぁ…」
解説:「すばらしいな~~」
観客:「まじか」「すご~ぉぉ」「ヤバっ~」
そんな劇的・衝撃・奇跡の同点ホームランでした。

2018年、プレイヤーからマネージャーへ…優勝請負人は監督としてもその魅力を発揮するのか…そっと応援したいと思います(^_^)

29ikeda11-3.jpg
スポーツに限らず、どんなことでもイイから…そんな鳥肌が立つ瞬間を感じさせることができたら…そんな風になったらステキだな…夢は大きく行こ~

次号、1/4更新…の予定…デス (。・ω・)ノ
ラララ~♪ララララ~♪

ikedaikeda.jpg
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク