花火が小さくなりました。

コスポの西山です。

私は“下(しも)”で生まれ育ちました。
現在もこの愛着ある土地にしがみついて生息しております。
郷土資料館(現みなとぴあ)は親子代々、遊び場としてお世話になりました。
沈埋トンネルや柳都大橋ができてどん詰まりだった前時代的なこの地域にも
少し“風”が通るようになったのかなぁと思う今日この頃です。

今年も新潟まつりの最終日に夕涼みも兼ねて花火を見に出かけました。
いつも通り柳都大橋を歩きながら見物するつもりでしたが…
人がいません。いえ、いるにはいるのですが疎らなんです。
見やすくていいか…などと思いながら遅れて届く炸裂音のする方へ視線をやっても
なかなか化学物質が酸化する瞬間の閃光を発見することができません。
橋の真ん中に着いたころ、ようやく由緒正しきホテルの脇から火球のはじける姿が。
 30nishiyama8-1.jpg

撮影のため立ち止まったのですが、まさかのお咎めなし…?
恐る恐る夜警をチラ見するも静観のご様子。
終には周囲の見物客も欄干にもたれ掛かり見入っています。
去年までなら叱られてしまうような変化に戸惑いながら
じわじわ遠ざかっていく打ち上げ場所と
年々小さくなる輝きに夏の終わりが重なり、少しだけ寂しくなりました。

おわり。

nishiyama nishiyama
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク